Menu

さくら育ちのブルーベリー

Home

さくら育ちのブルーベリー

ブルーベリーさくらがこだわる、無農薬・無化学肥料・草生栽培とは?

無農薬栽培

低農薬栽培

ブルーベリーファームさくらでは、害虫駆除装置を使って害虫対策をしています。
果実への侵入を防止し、交尾・産卵を阻害、加害活動を撃退します。
できるだけ薬を使わずに、物理的な効果で害虫を駆除するので、作物は安全・安心です。

無化学肥料

無化学肥料

化学肥料を使わずに、自然の力で大きく育ったブルーベリーの果実は、天然の甘味と酸味が調和した、とても優しい味わいが特徴です。
栄養価が高く、健康維持にもオススメの果物ですので、お子さまも安心です。
積極的に摂取しましょう。

草生栽培

草生栽培

当農園では除草剤を使わずに自然の力で栽培するため、ナギナタガヤ(イネ科の植物)による草生栽培を行っています。
ナギナタガヤは秋から春にかけて70cmほどまで成長し、6月中旬には枯れて倒伏するため、地表から雑草が生えにくくなるのです。

エコファーマーに認定されました

エコファーマーとは、『平成11年7月に制定された「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律(持続農業法)」第4条に基づき、「持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画」を都道府県知事に提出して、当該導入計画が適当である旨の認定を受けた農業者(認定農業者)の愛称名』です。
化学肥料や農薬の使用を減らし、環境保全型農業に取り組む農業者に与えられる認定です。
エコファーマー (茨城県)県南第928号認定

※農林水産省ホームページより引用 [ 農林水産省/エコファーマーの認定状況について ]

ブルーベリーファームさくらは、日本ブルーベリー協会会員です

日本ブルーベリー協会は、ブルーベリー生産者を中心に、ブルーベリー産業・ブルーベリー文化の確立を目指した活動を行なっている団体です。
ブルーベリーファームさくらは、日本ブルーベリー協会の研修会・シンポジウム・産地見学などに積極的に参加して、ブルーベリー栽培技術や品質の向上に努めております。
日本ブルーベリー協会のホームページはこちら

主な栽培品種について

  • スパルタン

    スパルタン
    甘みが多く酸味が少ない品種です。果実はとても大粒です。

  • ダロウ

    ダロウ
    大粒で、甘酸っぱく、たくさんの実がなるのが特徴です。

  • コリンズ

    コリンズ
    香りが大変良く、甘味と酸味のバランスが絶妙です。

  • ブルークロップ

    ブルークロップ
    大粒で、果肉がよく引き締まっているので食べ応え抜群です。

  • ティフブルー

    ティフブルー
    糖度が高く香りが良い品種です。食べごろは7~8月頃です。

  • デューク

    デューク
    果実の締りと食感が良いため、生食に適しています。

  • バークレイ

    バークレイ
    歯ごたえの良い香りの強い品種です。酸味が少なく風味があります。

  • シャープブルー

    シャープブルー
    中粒で風味が良く、フルーティーな品種です。

  • チャンドラー

    チャンドラー

ブルーベリーファームさくら

ブルーベリーファームさくら

〒305-0043 茨城県つくば市大角豆567-4
[ アクセス方法・MAP ]
TEL・FAX:029-846-0506
■ 営業時間 9:00~16:00
■ 定休日 不定休 ※休業日はお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へ